BIC

BIC LIGHTER 40th SPECIAL SITE

HISTORY 世界に火を灯し続けてきたBICライターの歴史

フランスにてBICブランドを設立…1945…マルセル・ビックとパートナーであるエドゥアール・バッファールドがフランスに万年筆とシャープペンの製造工場を設立。

ビックボーイはパリ生まれのグラフィックデザイナー、レイモンド・サヴィニャックの手によって描かれました。1961年に、BICの新しいボールペンの広告キャンペーンを担当。その際に、子供の目を惹く目的で、頭がペンボールになってボールペンを担いだ学生を描いたことが、はじまりです。

Bicの創業者ビック男爵のもうひとつの顔が海の男。ヨット最高峰のレースであるアメリカズにも幾度となく参戦したオーシャニストでした。

1973年のBICライター初の広告。手に馴染みやすいフォルムであることを表したポスター。現在でも現役で広告として使用されている地域もあります。

時代を彩った広告デザイン

40年の間にさまざまなデザインのライターが登場